心臓血管外科

心臓血管外科 部長
別所 竜蔵

部長挨拶

日本医科大学千葉北総病院、心臓血管外科では平成19年4月に新体制となってから、8年の月日が経過いたしました。この間、院内各科はじめ地域の医療機関の先生方の多大なるご支援、ご協力を賜りながら多数の診療実績を挙げてまいりました。とりわけ手術症例数は、平成18年度以前は年間100~120例でありましたが、新体制発足の平成19年度以降年々増加し、平成24年度には300例を超えるようになり、以来現在まで増加傾向が継続しております。新体制発足以来、心臓血管外科手術症例は累計で、1915例(平成27年3月末)に達しておりました。また極めて良好な手術成績を維持しており、公式データベースに基づき術前に計算された予測手術リスク(国内版、国際版ともに)に比較して、実際の手術成績は有意に良好でした。平成26年度より、人事異動に伴い藤井正大准教授が医局長として当院に赴任され、ますますパワーアップしております。当科スタッフ一同は、多忙であれば多忙であるほど、より高いモチベーションを発揮し、日々懸命に診療に取り組んでおります。今後とも、諸先生方にはより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
当科では、確固たる科学的根拠に基づいた治療戦略(サイエンス)と、外科医として必須の精緻な手術手技(アート)、そして、患者さんに信頼され、ともに泣き、ともに笑える人間同士のつながりを重視した信頼関係を構築すること(ヒューマニティ)それぞれに、より高みを目指しながら日々全力を尽くしています。また、診療内容の高い透明性と平易で分かりやすい説明を尽くしてまいります。
外科医に求められる条件には、サイエンス、アート、そしてヒューマニティがあると思います。そのどれ一つとっても不十分であったとすれば、私どもの理想とする外科医には近づけません。
まず医療に携わる者であれば当然の、科学的根拠を常に念頭に置きながら診療を行う姿勢であります。独りよがりの思い込みを排し、確固たる科学的根拠に基づいた治療戦略が求められます(サイエンス)。目新しさばかりを追いかけるのではなく、現時点で、何が最も有効な治療法なのか、またその治療法の長期にわたる有効性を常に追求し続ける姿勢を貫いてまいります。
また、外科医としては当然のことながら、精緻な手術手技(アート)を身につけておかなければなりません。慢心することなく、常に合理的かつ無駄のない手術手順を熟慮し、精緻な手技の研鑽に努めてまいります。
さらに、患者さんの痛みや苦しみに共感し、患者さん一人一人の個性を最大限尊重できる人間でなければなりません(ヒューマニティ)。手術後の患者さんの生活の質をより高めていくためにも、信頼関係の構築に全力で当たらなければなりません。
当科では、外科医としての条件をこのようにして位置づけ、外科医である限りそれぞれにより高みを目指して、止まることなく歩み続けてまいります。

診療対象疾患
心臓血管外科
  • 後天性心疾患(虚血性心疾患;狭心症、心筋梗塞合併症、弁膜症;僧帽弁、三尖弁疾患など、不整脈;心房細動の外科治療、ペースメーカー治療)、
  • 大動脈疾患(大動脈解離、胸部大動脈瘤)、
  • 末梢動脈疾患(末梢動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症)、
  • 静脈疾患(下肢静脈瘤など)

等の、小児循環器分野の対象となる先天性心疾患を除くすべての心臓血管外科の対象疾患。

診療内容
心臓血管外科

当科では、平成19年度より心臓血管外科部門の医師スタッフが、一新しました。

当科では、平成6年1月本院開院以来印旛村はもとより、印西市、佐倉市、成田市、白井市をはじめとする広い地域の循環器疾患の治療に邁進してまいりました。本年度より、充実した設備のもと、より広範囲の皆様に、確固たる科学的根拠に基づいた治療戦略(サイエンス)と、外科医として必須の精緻な手術手技(アート)、そして、患者さんに信頼され、ともに泣き、ともに笑える人間同士のつながりを重視した信頼関係を構築すること(ヒューマニティ)に全力を尽くしてまいります。


診療に当たっては、日本胸部外科学会指導医(心臓血管外科)、心臓血管外科専門医を中心に、循環器内科専門医、放射線治療医、麻酔専門医をはじめ、循環器疾患に精通した看護師、臨床工学技士とともに、連携を密にしながら、チーム医療を実践しております。


中央手術部では、心臓外科手術専門の最先端の手術機器が完備された手術室を持ち、心臓外科手術に精通した麻酔専門医並びに専門看護師、臨床工学技士とともに、安全で確実な手術を行っております。


集中治療室は、心臓血管外科の場合、術後急性期に使用されます。集中治療専門医、臨床工学技士、専門看護師とともに、24時間体制の綿密な治療を行います。高度な機器を備えており、あらゆる病態に対応できます。


一般病棟は循環器センター病棟として、3階東病棟が設置され、循環器内科専門医、心臓血管外科専門医が中心となって密接な連携を持ちながら診療科にとらわれず、患者さんにとって最も有効な治療方針を検討し、診療を行っています。循環器センターでは、定期的に症例検討会を行っており、関連各科の専門医が集合し、一例一例、最も有効な治療法を検討しております。
 

疾患別治療方針
 

研究・業績

心臓血管外科・研究業績

 

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ