救命救急センター

 

当センターのおもな特徴

救命救急センター 部長

松本 尚

当救命救急センターは、平成9年1月に千葉県で最初の日本救急医学会指導医指定施設に認可され、平成11年4月1日付けで厚生省より第143番目の救命救急センターの指定を受けており、我が国の救急医療において最も歴史と伝統を有する日本医科大学救急医学科のスタッフにより運営されています。また、当院は平成8年11月に千葉県の基幹災害医療センターに指定され、地震・火山噴火・洪水などの自然災害や、テロ活動などによる人為的災害に対する災害医療体制や広域搬送支援体制の構築にも積極的に取り組んでいます。



おもな診療科目と検査内容

 

救急医療サービス

おもな診療対象は、交通事故や労働災害等による大けがをした患者さん、ひどいやけどの患者さん、睡眠薬や農薬による薬物中毒やガス中毒の患者さん、心肺停止や多臓器不全により生命の危機に瀕している患者さん、そのほか、救急車で運ばれて来るあらゆる種類の重症患者さんです。当センターでは、地域医師会や消防本部との連携はもとより、院内各科、各部署との緊密な連携を保ちながら、24時間体制の高度な救急医療サービスを提供いたしています。

教育・指導活動

近年は印旛地域メディカルコントロール(MC)協議会のMC担当医療機関として、救急救命士や一般救急隊員、更には消防職員のために、質の高い卒前・卒後教育や生涯教育を提供し、必要に応じて適切な指示ならびに指導、助言を行うとともに、救急隊活動の事後検証も行い、病院前救護の質の向上に努めています。

ドクターヘリ事業

平成13年10月より、千葉全県下を対象として、医師と看護師がヘリコプターに搭乗して救急現場へ向かい、現場から高度な救命処置等を実施して救命救急センター等へ搬送する千葉県ドクターヘリ事業を実施しています。
ドクターヘリは、早期の治療開始と搬送時間の短縮により救命率の向上と予後の改善に貢献し、全国から注目されています。
これまでの実績が認められ、平成16年7月からは、茨城県の要請によって茨城県南部へもドクターヘリが出動しています。

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ