女性診療科・産科


基本診療指針について

女性診療科・産科 部長

鴨井 青龍

・質の高い医療を地域の皆様に提供するために、婦人科悪性腫瘍の治療や緊急度の高い婦人科・産科疾患などを優先的に受け入れます。
・専門性の高い医療情報であっても、わかりやすく説明し,最良の治療法を納得して選択していただけるよう努めます。
・直接診療に係わる医師同士はもちろんのこと、関連した看護師,助産師、薬剤師などと診療情報の共有化を大切にし、一丸となって、診療にあたります。

 

がん患者の診療について

・「がん」は生命を脅かす病気です。診療の目的が、病気を根治することであることは、他科の腫瘍と違いがありません。しかし、当科は、性と生殖という人生の価値に大きくかかわる臓器を取り扱っているという特殊性があり、プライバシーやメンタル面に特に注意を払いながら、治療に専念できるよう心がけます。
・当院は、がん診療拠点病院であり、婦人科腫瘍学会指定修練施設でもあります。治療指針においては、日本婦人科腫瘍学会の治療ガイドラインにそった標準的な診療を基本としております。しかし、個々の治療方針は、年齢(若年・高齢)や合併症(心疾患・腎疾患・糖尿病・精神疾患など)の有無について考慮のうえ、当科の婦人科腫瘍専門医(専門医認定医紹介へリンク)を中心としたミーティングで決定し、患者ご本人の意向に沿った治療が行えるよう努めています。
・がんは、進行した終末期であれば、身体的な痛みが出現し、その緩和が求められます。また、病状が初期であっても、不安や精神的な痛みを伴うものです。そこで、診断した比較的早期から、当院の緩和ケアチーム・がん性疼痛看護認定看護師や緩和ケア看護師と連携して診療を行い、安心して治療が受けられるようにしています。

 

内視鏡(腹腔鏡手術・子宮鏡)について
・婦人科領域の内視鏡手術は、他科の領域と同様、年々その需要が高まっています。子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などといった婦人科良性疾患に腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。なお、子宮鏡手術(TCR法による粘膜下子宮筋腫核出術など)は、現在、専門医が不在のため、行っておりません。

 

妊娠や分娩の管理について
・当院で分娩を希望される方:「当院で分娩を希望される方へ」をご覧ください。
・当院での妊娠中の管理:
基本的に、外来診療は周産期専門医、助産師によって行われ、分娩管理は、女性診療科・産科医師の立会いのもと、助産師が中心となって行います。
・新生児の管理:
出生時、新生児に問題がなければ産科医によって管理されます。もし、異常が発見されれば、小児科医が責任をもって診療にあたります。
・新生児集中治療室(NICU)の休止:
現在、当院ではNICUが稼働しておらず、早産や未熟児に関連した母体合併症がある場合は、他院へ紹介させていただくこともあります。早産が予想された場合は、近隣の高次周産期施設への母体搬送や、分娩後、NICUへ新生児を搬送させて頂くことがあります。
・合併症妊婦の取り扱い:
内科的合併症や精神科疾患(要入院治療患者は除く)などを持った方が妊娠した場合、関連各科の医師と連携して、専門性の高い周産期管理を行います。とくに、糖尿病合併妊娠や妊娠性糖尿病妊婦の管理に力を入れています。
・救急患者の取り扱い:
当院には救命救急センターがあり、重症の救急患者を受け入れています。妊婦が救急患者として搬送された場合、母体と胎児への管理が、高次周産期センターでおこなったほうが良いと判断される場合は、転送をお願いしています。しかし、転送する時間がない場合、当院でしかできないような重症例で、母体救命が優先される場合などは、救命救急医、小児科医とともに、母体のみならず、胎児への救命にも全力を尽くします。

 

不妊治療を希望される患者様について
・当院では体外受精のような高度生殖医療(ART)を行っておりません。妊娠を希望しても、なかなか妊娠できない方(不妊症)や妊娠をしても流産を繰り返してしまう方(不育症)で専門的な診療が必要な場合は他院専門施設をご紹介させていただいています。

 

一般外来診療について
・当院では、悪性腫瘍(がん)患者、婦人科手術が必要な方のほかに、子宮外妊娠や卵巣嚢腫の茎捻転,産後の出血性ショックなど,近医からの緊急診療要請に可能な限り応えられるような診療体制をしいています。医師のマンパワーに限りがあることから、一般診療は近隣の婦人科や内科などになるべくお願いをしています。
・まずは近隣の産婦人科やかかりつけの内科等の受診をお願いいたします。そこで、原因不明で精査の必要性や腫瘍が疑われて手術が考慮された場合には、診療をお受けいたしております。
・主治療が終了し、定期的な検診が必要な場合は,病診連携の観点からも,近隣のクリニックの先生方にご紹介させていただくことがあります.ご協力よろしくお願いいたします。

 

初診予約制について
・当科では、紹介状をご用意いただいた患者さんにのみ、電話での初診予約をさせて頂いております。当院に患者さんをご紹介いただく際には、必ず紹介状をご用意いただきますようよろしくお願いいたします。具体的には、紹介状をご用意いただいた後、患者さんご本人より当科外来に直接お電話いただきご予約をとっていただきます。お電話でのご予約は下記を参照ください。
    ◆初診予約はこちら
    ◆再診予約はこちら
・妊娠反応が陽性などで、妊娠の診断の確認や、当院での妊婦検診や分娩を希望する場合、紹介状は不要です。
・予約状況によってはご希望日にご予約できない場合がありますが、当院連携登録医の先生方からのご紹介は優先的にご予約させて頂きますので、連携登録医の先生方は引き続き医療連携室への事前FAXも併せて宜しくお願いいたします。

 

おもな治療内容について
診療内容の詳細は以下の項目のリンク先を参照してください。

1)婦人科悪性腫瘍:子宮頸がん,子宮体がん,卵巣がん,外陰がん
2)婦人科良性疾患:子宮筋腫,卵巣嚢腫,子宮内膜症、骨盤臓器脱(子宮脱など)
3)思春期疾患,月経困難症(生理痛/月経過多)・更年期障害
4)絨毛性疾患:胞状奇胎,存続絨毛症,侵入奇胎・絨毛癌
5)妊娠初期の異常:流産,異所性妊娠(子宮外妊娠)、胞状奇胎
6)産科合併症:重症妊娠悪阻・切迫流・早産など
7)合併症妊娠:内科疾患・婦人科腫瘍・婦人科以外の悪性腫瘍に合併した妊娠
8)分娩後産科ショック:外陰血腫,産科DIC,羊水塞栓,子宮内反症、弛緩出血

 

専門医・認定医紹介
 

 

分娩を希望する方へ:2017年4月1日より「マタニティセンター開設」


*石川 源 講師のプロフィール:日本医科大学女性診療科・産科に所属する医師ですが、麻酔医としての経験も豊富で、母体救急や新生児蘇生に関する各種団体のインストラクターやプロバイダーとして活躍していとます。 
 

日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法委員会委員
日本母体救命システム普及協議会委員
日本救急医学会ICLSインストラクター
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生【専門】インストラクター
日本母体救命システム(J-CIMELS)インストラクター
周生期医療支援機構ALSOインストラクター
JPTECプロバイダー
ITLS(Basic)プロバイダー
MCLSプロバイダー


◆◇大学病院ならではのチーム医療で妊娠・出産・育児までをトータルサポート◇◆

 ⇒助産師外来のご案内はこちらから
 ⇒マザークラスのスケジュールはこちらから
 ⇒乳房ケア外来のご案内はこちらから

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ