循環器内科

循環器内科 部長

宮内 靖史

[ 着実な診療実績と特色ある臨床研究の構築 ]

 日本医科大学千葉北総病院循環器内科は、総合内科としての基盤のうえに、循環器専門施設として次の5領域を中心に着実な診療実績とわが国をリードする臨床研究を構築しており、地域のかたがた、国内・国外医療機関、研究施設から高い評価をいただいております。

1)虚血性心疾患(狭心性・心筋梗塞など)の診断と治療

①2泊3日冠動脈造影検査
②血管内超音波・血管内視鏡・光干渉断層法などの冠動脈先端画像診断に基づく適切な治療
③冠攣縮性狭心性の診断・治療
④一次・二次予防のための生活習慣指導、薬物療法の適正化

2)不整脈の最先端治療(心房細動、失神など)
  →詳しくはこちら

心房細動心房粗動・心房頻拍発作性上室頻拍・心室頻拍など各種不整脈の診断と治療。薬物療法のほか、カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)を行っております。
②重症心不全に対する心室再同期療法(CRT)
③致死性不整脈予防のための植え込み型除細動器治療

3)心不全・心筋症・弁膜症

心不全の原因となる心筋症や弁膜症の診断、治療を行っています。心不全発作および急性心不全では各種薬物療法のほか、重症例では経皮的人工心肺装置、人工心膜などの補助循環装置による治療、心室再同期療法を行います。また、慢性心不全増悪の予防対策内科的薬物治療、睡眠時呼吸障害の陽圧治療、心筋バイオマーカーによる診断・治療構築なども行っております。

4)睡眠時無呼吸(SAS)と心血管疾患リンケージの診断と治療構築

SAS専門外来を開設しており、地域医療連携の中で効率的診療を展開

5)下肢虚血の診断と治療

間欠性跛行を有する閉塞性動脈硬化症、安静時の下肢疼痛や潰瘍を有する重症下肢虚血に対するカテーテル治療(バルーン拡張・ステント留置術)
→ 跛行症状の改善や下肢潰瘍の治癒、下肢切断の回避

 これらの診療実績の背景には、当院心臓血管外科、集中治療部、放射線科、救命救急センターなどの支援と効率的な連携があり、さらに医療連携室を介した地域医療機関との連携強化があります。
 

[ 診療実績(2016年) ]

冠動脈造影 775例、冠動脈カテーテル治療 558例、下肢動脈カテーテル治療 89例、
不整脈のカテーテルアブレーション 202例 (心房細動108例、心房粗動・心房頻拍 19例、発作性上室頻拍 41例、心室頻拍・心室期外収縮 21例)

[ 医学部教育, 研究の推進 ]

 大学医学部教育(文部科学省特色GP選定)、研修医教育、循環器専門医教育、先駆的臨床研究に精力的に取り組んでいます。特色ある多くの研究成果を欧米の国際学会や、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本不整脈心電学会などで発表しており、トップジャーナルに多くの論文を発表しております。


 

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ