神経・脳血管内科

 

神経・脳血管内科 部長
山崎 峰雄

診療科目

神経・脳血管内科が担当する病気には、次のようなものがあります。

● 認知症
 アルツハイマー型認知症、レヴィ小体型認知症、前頭側頭型認知症など頭部MRI検査や脳血流検査、さらには神経心理検査も行い、正確な早期診断をめざしています。
 

● パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症
 パーキンソン病は薬物療法を中心とした外来治療が主ですが、必要に応じて深部電極刺激治療なども考慮します。
 

● 多発性硬化症や視神経脊髄炎、重症筋無力症、筋炎などの神経免疫性疾患
 免疫グロブリン大量静注療法、血漿交換・免疫吸着療法やステロイドホルモンや免疫抑制薬の投与などを積極的に行い、「治す」ことをめざしています。
 

● 脳炎・脳症・髄膜炎など神経感染症
 意識障害やけいれんを起こすことが多く重症であるため、近隣の医療機関からご紹介いただく事が多い疾患です。全身管理を行い、原因に基づいた治療を行うよう努力しています。
 

● 末梢神経・筋疾患
 電気生理検査や筋生検などを行い、正確な診断に基づいた治療をめざします。
 

● 脳卒中
 なかでも慢性期の脳梗塞を担当しています。脳梗塞急性期治療は脳神経センター脳神経外科が主に担当しています。


 

専門外来


もの忘れ外来(毎週水曜日午後)日本認知症学会専門医が担当します。
 ご家族のもの忘れが心配という方には、「もの忘れ外来」(完全予約制)をご利用下さい。
かかりつけの先生からの紹介状をいただいて、または当院の医療連携室に連絡をおとりになって予約して下さい。問診と神経心理検査、予約で行う頭部MRI検査と脳血流SPECT検査(必要に応じてMIBG心筋シンチやダットスキャン、脳脊髄液のAβ、タウ蛋白測定)で正確な診断を行い、治療や対応方針を決定します。
 この外来では、疾患修飾薬といわれるアルツハイマー型認知症治療の治験も数種類行っております。治験をご希望の方は遠慮無くお尋ね下さい。 

 


 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ