内分泌内科

内分泌内科 部長
江本 直也

【診療内容】内分泌内科では、内分泌疾患である先端巨大症、下垂体機能低下症、高プロラクチン血症、尿崩症、バセドウ病、橋本病(慢性甲状腺炎)、亜急性甲状腺炎などの甲状腺機能異常、副甲状腺機能異常、副腎不全、アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫および糖尿病の診療を行っています。

 

【甲状腺・副甲状腺疾患】甲状腺機能の評価には99mテクネシウムシンチグラフィーおよび取り込み率を用いています。当院でのこれまでの調査では甲状腺機能亢進症の75%がバセドウ病ですが、25%は何の治療も必要としない一過性甲状腺中毒でした。甲状腺の放射性ヨード療法については、現時点では施設基準により外来で1日5mCiまでの使用となっています。入院による高線量照射の施設はありません。副甲状腺機能亢進症の局在診断にはエコー、MRIおよびMIBIシンチグラフィーを使用しています。甲状腺腫瘍に関しては、穿刺吸引細胞診による診断を行った上で、手術が必要なケースでは、今のところ甲状腺、副甲状腺ともに東京の日本医大付属病院内分泌外科に紹介しています。現在は甲状腺、副甲状腺に対するPEIT(エタノール注入療法)は行っていません。

 

【下垂体・副腎疾患】MRI,CT,シンチグラフィーによる画像診断の他、負荷試験等が必要な場合は10日から2週間程度の入院をしていただいています。アルドステロン症の診断にはCT,シンチグラフィーを施行後、放射線科に依頼して、選択的副腎静脈サンプリングを行っています。診断が確定して手術となった場合は、下垂体疾患は当院の脳外科、副腎疾患は当院の泌尿器科にて手術しています。

 

【糖尿病】糖尿病は医師会との地域医療連携を目的とした糖尿病診療支援懇話会を中心にした診療システムとなっています。当院での教育指導・合併症評価・治療導入、必要に応じてインスリン導入入院などを経て、原則として6ヵ月間の診療の後は、医師会の先生方の診療所に移っていただきます。そのため2型糖尿病は当院でかかりつけになることはできません。コントロールの悪化などの状況に応じて、入院を含めた当院での診療を行います。1型糖尿病、妊婦、2型糖尿病でコントロール不能(HbA1c8%以上)あるいは重症の合併症がある場合については当院での診療とし、必要に応じてCSII(インスリン持続皮下注入療法)も行っています。尚、糖尿病網膜症の発症進展の監視については、診療所に移られた後も当院の眼科にて、引き続き管理することとなっています。患者さん向けの糖尿病教室は院外からも自由に参加できるものも開催しています。参加希望の方はお問い合わせください。

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ