消化器内科

 

消化器内科 部長
藤森 俊二

消化器内科では、消化管および肝胆膵の消化器疾患全般の診療を行っています。食道分野では、本邦では施行施設の少ない食道内圧検査が施行可能で千駄木の本院と連携して逆流性食道炎や食道運動機能障害の高度な診断・治療を行うことができます。胃分野ではピロリ胃炎の診断・除菌、拡大内視鏡を用いた正確な胃癌の診断および内視鏡的治療 (ESD/EMR)、進行胃癌の抗癌剤化学療法を行っています。小腸分野では、カプセル内視鏡の施行が可能で小腸診療の指導的施設である本院と連携して小腸の診断・治療を行っています。大腸分野では、詳細な内視鏡的診断を行った上で大腸ポリープ・早期大腸癌の内視鏡的治療 (EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)といった高度な内視鏡治療を行っております。また、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、抗癌剤化学療法を行っています。肝臓分野では、当院は千葉県肝疾患専門医療機関であり、ウイルス性肝炎の治療において関東で有数の患者数・診療実績を持ち積極的に抗ウイルス治療を施行しています。また、腹水や食道静脈瘤を含む肝硬変・門脈圧亢進症や肝臓癌に対する集学的治療も行っています。胆膵系分野では超音波内視鏡を含む画像検査を中心とした専門的な診断と、総胆管結石や閉塞性黄疸に対する内視鏡的治療、胆膵癌に対する化学療法などの治療を行っています。

 

 


おもな検査・治療内容

  • 食道・胃十二指腸内視鏡, 大腸内視鏡
  • 拡大内視鏡診断, 消化管超音波内視鏡検査(EUS)
  • 食道・胃・大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)
  • 小腸カプセル内視鏡
  • 腹部超音波検査
  • 肝腫瘍カテーテル治療 (TACE)
  • 経皮的ラジオ波焼灼術(RFA), エタノール注入療法 (PEIT)
  • 肝癌分子標的治療
  • 肝静脈カテーテル検査
  • 食道静脈瘤内視鏡治療 (EIS, EVL)
  • 腹水濾過濃縮再静注法 (CART)
  • B・C型肝炎抗ウイルス療法 (DAA, IFN)
  • 内視鏡的逆行性胆膵管造影検査 (ERCP)
  • 内視鏡的胆管結石採石術 (EST, EPBD, ELBD)
  • 内視鏡的胆道ステント挿入術 (ERBD, ERGBD)
  • 経皮経肝胆道ドレナージ術 (PTCD, PTGBD)
  • 胆膵超音波内視鏡下穿刺吸引術 (EUS-FNA)
  • 高解析食道内圧検査, 食道pH・インピーダンス検査 など

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ