薬剤部

薬剤部 イメージ

 

業務内容

医療を取り巻く環境が急速に変化する中で病院における薬剤師の役割も変化してきています。病院薬剤師は医療従事者の一員として医薬品の適正使用や医療事故防止に貢献することが求められています。薬剤部では入院・外来の調剤や処方監査、注射薬調剤、高カロリー輸液の調製、消毒薬の調製、さまざまな医薬品情報の収集と提供、病棟での服薬指導業務などをとおして患者さんが安心してお薬を服用していただけるよう努めています。


調剤室

調剤室では主に内服薬の調剤と院外処方せんの処方監査を行います。医師が処方した内容について投与量や相互作用をチェックし、少しでも疑問な点があるときは医師に確認します。調剤の過程では散薬分包機や錠剤分包機、薬袋プリンターを利用して作業の効率化を図るとともに医療ミスを未然に防ぐ工夫をしています。さらに、出来上がった薬は別の薬剤師がもう一度確認してから、患者さんにお渡ししています。


注射供給室

医師により入力された注射処方は、注射供給室に配置されているライン・プリンタ−よりラベル付き処方せんとして出力されます。注射処方せんによる注射薬調剤は、個人別注射薬セット方式を採用し、注射カ−トとシ−メンスの自走台車による搬送システムで病棟に供給しております。各種薬剤の使用管理簿・注射薬配合変化表・相互作用チェック表などを作成・利用することで、適正かつ有用な注射薬供給を目指しております。


製剤室

多様化する医療現場からの要望に応えるべく、患者さまの状態に適した院内製剤の調製、消毒剤の調整を行っています。製剤業務は薬学的知識と技術を発揮できる分野であり、より良い製剤を日々目指しております。さらに無菌操作の技術を必要とする業務として、無菌製剤室、安全キャビネットでのTPN調製、抗がん剤の混注などを行っております。


薬品管理(SPD)業務

薬品管理業務は薬品卸会社に業務を委託するSPD方式を取り入れています。ハンディ−タ−ミナルを使用した薬品管理、CM−NETを利用したVAN発注など、精度の高い管理を行っています。さらに、医薬品の出来高払い制を採用することにより、院内在庫を極力減らし、コストの削減を図っています。


薬剤管理指導業務

入院中の患者さんにお薬のことをもっと理解していただき、正しく服用していただくため病棟に薬剤師を派遣しています。病棟では患者さんと直接お話して薬の飲み方や効果、副作用について説明いたします。また、副作用・相互作用をチェックし、医師にフィードバックします。薬剤師が、医師・看護師をはじめそのほかの医療スタッフと協力して医療の質の向上に努めています。


医薬品情報室(DI室)

医薬品に関する情報を学会誌や専門雑誌、インターネットを利用して収集し、院内へ提供しています。医師や看護師からの問い合わせに対応するほか、日本医科大学付属4病院の医薬品集の作成、院内で使用する薬剤の検討委員会である薬事委員会の資料等を作成しています。

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ