眼科

日本医科大学千葉北総病院眼科の診療科紹介のページへようこそ

眼科 部長

亀谷 修平

 

我々は大学病院の眼科、また地域の眼科のセンターとして機能充実を図っています。

検査の面では、最新の画像診断機器(蛍光眼底造影、眼底自発蛍光、SD-OCT、補償光学眼底カメラ)や最新の視覚電気生理学検査機器(多局所ERG、黄斑局所ERG、全視野ERG)など高度な検査機器を備え、より進んだ医療を目指しております。特に上記診断機器を用いた遺伝性網膜疾患の診断については国内、国外の共同研究機関と協力を行っており、国際的な最先端の診断ができるように取り組んでいます。一般的な眼科疾患に対しても上記診断機器、およびその他十分な検査機器で様々な疾患に対応できる体制を整えています
治療の面では、白内障、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)、緑内障、斜視、眼瞼内反症、眼瞼下垂などの手術を行っています。特に、難しい白内障、網膜硝子体疾患に関しては、最新の手術機器を用いて、熟練した医師が執刀し良好な治療成績を挙げています。また、加齢黄斑変性症に対する抗VEGF薬の硝子体注射療法も積極的に行っています。

 

主な診療科目と診療内容
白内障

白内障は、目の中のレンズの役割を果たしている水晶体が濁る病気です。主な原因は加齢で、白内障の有病率は70歳以上の方で80%以上、80歳以上ならほぼ100%です。加齢以外の原因として、先天性、眼の外傷や炎症疾患の既往、アトピー性皮膚炎や糖尿病といった全身疾患に併発するものがあります。日常生活に支障が出る程度に白内障が進行すれば、手術による治療を行うのが一般的です。 手術する時期は人によって違いますので、担当医と御相談下さい。白内障手術は、手術方法や機器の進歩により、安全かつ正確に行うことができるようになってきており、当院でも最新の機器を用いて手術を行っています。 現在当院での白内障手術は、日帰りまたは2泊3日の入院で手術を行っており、90%以上を日帰り手術で行っております。


網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)

当院では上記疾患に対する硝子体手術を行っています。硝子体手術は硝子体を吸引切除し、様々な網膜硝子体疾患によって引き起こされる増殖組織、出血を除去し、可能な限り網膜の機能を改善する手術です。網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑前膜、黄斑円孔などに対して最新の知識に基づき、外科的・内科的治療を行っています。手術は、より侵襲の少ない小切開硝子体手術システムや広角眼底観察システムを用いて安全かつ確実な手術を目指して行っております。


加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症において、病気の悪化の要因である新生血管の発生には眼内で産生されるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)というたんぱく質が関与していると考えられています。そのVEGFを阻害する薬剤である抗VEGF薬(ルセンティス、アイリーア)を眼球内に注射する治療を行っています。治療時間は5-10分程度で、外来での治療を行っています。基本的に病気の進行を抑制し、さらなる視力低下を抑制することが目的になります。効果はすぐにはあらわれず、複数回の治療を行いながら外来にて経過観察する必要があります。


遺伝性網膜疾患

遺伝性網膜疾患(網膜色素変性症など)は目の内側にあってカメラでいえばフィルムに相当する網膜という部分にある視細胞やその周辺の細胞に異常をきたす病気です。遺伝性網膜疾患の中で最も頻度の高い網膜色素変性症は世界中で約4,000人に1人に発症し、遺伝性疾患としては比較的頻度が高い病気です。原因となる遺伝子異常には多くの種類があり、それぞれの遺伝子異常に対応した遺伝性網膜疾患があるため症状も多彩です。この病気には現在のところ、網膜の機能をもとの状態に戻したり確実に進行を止める確立された治療法はありません。しかし、正しい診断を行うことは、罹患された方が病気の特徴、遺伝、視機能の予後を知ることや、罹患された方への将来の治療に関する情報提供のため重要であると考えられています。このため我々は最新の画像診断機器や視覚電気生理学検査機器を使用して精密な検査を行うとともに、日本医科大学遺伝子研究倫理審査委員会の承認のもと、遺伝子解析を行っています。当院の最新の画像診断機器のうち、補償光学眼底カメラは、日本ではまだ数台しか使用されていない装置ですが、非常に高解像度で網膜の視細胞を詳細に調べることができるため遺伝性網膜疾患の診断にとても有用な検査機器です。
遺伝性網膜疾患に対して将来期待される治療法として、遺伝子治療があります。この治療法はまだ実際に誰に対しても行える治療法とはなっておらず、かつ研究段階ですがその成果は次第に上がってきています。2007年から、アメリカ合衆国とイギリスで、RPE65遺伝子の変化でおこる網膜色素変性症の遺伝子治療が試みられています。子供のころから発症する重症な遺伝性網膜疾患ですが、安全性の確認とその効果について検討されていて、まだ短期間の観察ですが、有効性が期待できそうな報告がされています。将来、様々な遺伝性網膜疾患に対する遺伝子治療が可能となった場合、治療の対象となる前提として正確な遺伝子診断が行われていることが必須となるため、遺伝子診断は非常に重要であると考えております。
我々は日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業拠点班である東京医療センター・感覚器センターの研究に参加して共同研究を行っており、遺伝性網膜疾患の原因の解明と治療の開発に寄与したいと考えています。

 

 

日本医科大学千葉北総病院眼科の診療科紹介のページへようこそ

我々は大学病院の眼科、また地域の眼科のセンターとして機能充実を図っています。
検査の面では、最新の画像診断機器(蛍光眼底造影、眼底自発蛍光、SD-OCT、補償光学眼底カメラ)や最新の視覚電気生理学検査機器(多局所ERG、黄斑局所ERG、全視野ERG)など高度な検査機器を備え、より進んだ医療を目指しております。特に上記診断機器を用いた遺伝性網膜疾患の診断については国内、国外の共同研究機関と協力を行っており、国際的な最先端の診断ができるように取り組んでいます。一般的な眼科疾患に対しても上記診断機器、およびその他十分な検査機器で様々な疾患に対応できる体制を整えています
治療の面では、白内障、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)、緑内障、斜視、眼瞼内反症、眼瞼下垂などの手術を行っています。特に、難しい白内障、網膜硝子体疾患に関しては、最新の手術機器を用いて、熟練した医師が執刀し良好な治療成績を挙げています。また、加齢黄斑変性症に対する抗VEGF薬の硝子体注射療法も積極的に行っています。

主な診療科目と診療内容

白内障

白内障は、目の中のレンズの役割を果たしている水晶体が濁る病気です。主な原因は加齢で、白内障の有病率は70歳以上の方で80%以上、80歳以上ならほぼ100%です。加齢以外の原因として、先天性、眼の外傷や炎症疾患の既往、アトピー性皮膚炎や糖尿病といった全身疾患に併発するものがあります。日常生活に支障が出る程度に白内障が進行すれば、手術による治療を行うのが一般的です。 手術する時期は人によって違いますので、担当医と御相談下さい。白内障手術は、手術方法や機器の進歩により、安全かつ正確に行うことができるようになってきており、当院でも最新の機器を用いて手術を行っています。 現在当院での白内障手術は、日帰りまたは2泊3日の入院で手術を行っており、90%以上を日帰り手術で行っております。


網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)

当院では上記疾患に対する硝子体手術を行っています。硝子体手術は硝子体を吸引切除し、様々な網膜硝子体疾患によって引き起こされる増殖組織、出血を除去し、可能な限り網膜の機能を改善する手術です。網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑前膜、黄斑円孔などに対して最新の知識に基づき、外科的・内科的治療を行っています。手術は、より侵襲の少ない小切開硝子体手術システムや広角眼底観察システムを用いて安全かつ確実な手術を目指して行っております。


加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症において、病気の悪化の要因である新生血管の発生には眼内で産生されるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)というたんぱく質が関与していると考えられています。そのVEGFを阻害する薬剤である抗VEGF薬(ルセンティス、アイリーア)を眼球内に注射する治療を行っています。治療時間は5-10分程度で、外来での治療を行っています。基本的に病気の進行を抑制し、さらなる視力低下を抑制することが目的になります。効果はすぐにはあらわれず、複数回の治療を行いながら外来にて経過観察する必要があります。


遺伝性網膜疾患

遺伝性網膜疾患(網膜色素変性症など)は目の内側にあってカメラでいえばフィルムに相当する網膜という部分にある視細胞やその周辺の細胞に異常をきたす病気です。遺伝性網膜疾患の中で最も頻度の高い網膜色素変性症は世界中で約4,000人に1人に発症し、遺伝性疾患としては比較的頻度が高い病気です。原因となる遺伝子異常には多くの種類があり、それぞれの遺伝子異常に対応した遺伝性網膜疾患があるため症状も多彩です。この病気には現在のところ、網膜の機能をもとの状態に戻したり確実に進行を止める確立された治療法はありません。しかし、正しい診断を行うことは、罹患された方が病気の特徴、遺伝、視機能の予後を知ることや、罹患された方への将来の治療に関する情報提供のため重要であると考えられています。このため我々は最新の画像診断機器や視覚電気生理学検査機器を使用して精密な検査を行うとともに、日本医科大学遺伝子研究倫理審査委員会の承認のもと、遺伝子解析を行っています。当院の最新の画像診断機器のうち、補償光学眼底カメラは、日本ではまだ数台しか使用されていない装置ですが、非常に高解像度で網膜の視細胞を詳細に調べることができるため遺伝性網膜疾患の診断にとても有用な検査機器です。
遺伝性網膜疾患に対して将来期待される治療法として、遺伝子治療があります。この治療法はまだ実際に誰に対しても行える治療法とはなっておらず、かつ研究段階ですがその成果は次第に上がってきています。2007年から、アメリカ合衆国とイギリスで、RPE65遺伝子の変化でおこる網膜色素変性症の遺伝子治療が試みられています。子供のころから発症する重症な遺伝性網膜疾患ですが、安全性の確認とその効果について検討されていて、まだ短期間の観察ですが、有効性が期待できそうな報告がされています。将来、様々な遺伝性網膜疾患に対する遺伝子治療が可能となった場合、治療の対象となる前提として正確な遺伝子診断が行われていることが必須となるため、遺伝子診断は非常に重要であると考えております。
我々は日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業拠点班である東京医療センター・感覚器センターの研究に参加して共同研究を行っており、遺伝性網膜疾患の原因の解明と治療の開発に寄与したいと考えています。

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ