耳鼻咽喉科


当科のおもな特徴

耳鼻咽喉科 部長

長谷川 賢作

 耳鼻咽喉科の診療範囲は、眼球を除く脳を支える骨(頭蓋底骨)から頚部までを対象としています。つまり、鼻アレルギーや副鼻腔炎など鼻や副鼻腔の病気、難聴やめまいなどの外耳から内耳の病気、扁桃炎や喉頭ポリープなどの口から喉に至る病気、耳下腺腫瘍や顔面神経麻痺などの唾液腺や顔面神経などの病気、首回りの腫瘍などが主な治療対象となります。
当科では、特に内視鏡を用いた鼻・副鼻腔手術や聴力改善手術、補聴器外来、顔面神経麻痺などの薬物療法や外科的治療に力を入れています。


 


おもな診療科目と検査内容

各種手術
  • 鼓室形成術

​慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎や耳硬化症では、聴力改善を考慮した手術を実施しています。聴力の改善率については、病気の種類により異なりますので、担当医にお聞き下さい。また再発を予防するために、軟骨を用いる手術も早期より導入した点が特徴的です。

  • 顔面神経減荷術

​顔面神経麻痺では、通常薬物治療を優先しますが、治癒傾向を推測するための検査を行い、改善傾向の悪い症例に対して顔面神経減荷術という手術をオプションとして実施しています。

  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術

​内服治療により改善しない慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や難治性である好酸球性副鼻腔炎および良性の鼻副鼻腔腫瘍では、内視鏡を用いた鼻副鼻腔手術を取り入れています。ガーゼを使用しない止血方法や鼻洗浄を中心とした手術後の管理方法により、従来のような手術に伴う苦痛も軽減しています。また、手術困難例ではナビゲーションシステムの導入で、より安全に手術しています。
アレルギー性鼻炎では、薬物療法や減感作療法、レーザーで改善の乏しい症例に対して、また鼻閉を伴う睡眠時無呼吸症候群に対して、内視鏡下の鼻内手術を行っています。症状と重症度なども総合的に考慮して、治療法を選択しています。

 

外来診療
  • 補聴器適応の判断と調整

​高齢化に伴い補聴器を必要とする場合も多くなってきました。補聴器外来では、補聴器使用についての相談や調整を行っています。

  • 難聴

​通常の聴力検査の他に、脳波などを用いた他覚的聴力検査(DPOAE, ASSR, ABR)を行っています。この検査は、乳幼児でも大まかな聴力を推定することが出来ます。

  • 副鼻腔炎の検査や治療

​近年、アレルギー性の副鼻腔炎なども増加しており、その病態も多様化しています。喘息を合併することの多い好酸球性副鼻腔炎は、難病にも指定されています。鼻の治療に精通した担当医が症例毎に適した治療方針を提案します。

  • アレルギー性鼻炎や花粉症に対する減感作療法

​アレルギー性鼻炎では、薬物療法や手術療法だけでなく、皮下注射による皮下免疫療法(ハウスダスト、スギ、ブタクサ)や舌下免疫療法(スギ、ダニ)も行っています。
皮下注射は患者さん個人に合わせて 治療エキスの量をきめ細かく設定する必要があるので、初めの2-3カ月は1週間に1回通院が必要になります。4-5ヶ月以降は1か月に1回の注射を定期的に行います。3-5年間治療を継続することが推奨されます。
舌下免疫療法は全身的な副反応が少なく安全で簡便な方法です。ヨーロッパでは30年ほど前から臨床応用されています。日本では2014年10月からスギ舌下免疫療法が、2015年11月からダニに対する舌下免疫療法がそれぞれ実用化されました。最低2年間、毎日自宅で投与する必要とされますが、皮下注射と比較して通院回数が少なく済むのがメリットです。10%程度の患者さんに口のかゆみ、舌下の腫れ、のどの違和感などが一過性に起こります。舌下免疫療法は12歳以上が適応となります。

  • めまいに対する検査や治療

​平衡機能検査機器や重心動揺計を用いて、より詳しいめまいの検査・治療を心がけています。

 

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ