小児科

当科のおもな特徴
 

浅野 健

小児科 部長

印旛地域、特に印西、白井、八街地域の小児医療の中心的な役割を担い、すべての子どもの病気に真摯に対応してまいります。同時に、大学付属病院としての小児疾患の各分野において専門性のある医療を提供しています。
 小児科のスタッフ一同は、病気の子どもたちへのよりよい医療の提供、社会の小児医療に対するニーズに応じた医療を行うために努力しております。そして、子どもたちがより質の高い生活活動が維持できるようになることを目指しております。

 午前中の一般外来は、発熱、頭痛、咳、鼻水、腹痛、嘔吐・下痢などの一般的な病気の方や、どこが悪いか分からないが、なにか調子が悪い方などに受診して頂く外来です。予約は不要です。病院の受付時間内に受診してください。
 

●専門医研修施設;日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会の専門医研修施設に各学会から指定されています。
 

千葉県全県対応型小児連携拠点病院:千葉県での小児連携協力病院に指定されており、千葉県の小児医療を担う立場にあります。
 

紹介元医療機関:当院近隣で当科と連携をを取り、子供たちをご紹介くださる先生方の地図になります。 まずはお近くの先生をお訪ねください。

 

院内学級:病棟内に平成24年4月から千葉県立四街道特別支援学校 の全面的協力により院内学級が併設されおり 長期入院の小学生、中学生に対して十分な教育が受けられる配慮がなされています。
 

専門外来:さまざまな小児疾患に対し、一般外来とは別枠に専門の医師による特殊疾患外来を以下の様に設けています。専門外来は予約制です。それぞれ専門医が診療にあたっています。外来スケジュール・担当医は外来担当表 をご参考にして下さい。
 

  •  血液・腫瘍:白血病、悪性・良性腫瘍 貧血、血友病、あざができやすく血が止まりにくいなどの症状の患者さんを拝見させていただきます。
  •   神経・筋:てんかんなどのけいれんをきたす疾患、筋肉の病気、脳血管障害、発達の遅れをきたした患者さんを拝見させていただきます。
  •   アレルギー:気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの患者さんを拝見させていただきます。
  •   循環器:川崎病、心雑音、不整脈、先天性心疾患をもたれる患者さんを拝見させていただきます。
  •   内分泌・代謝:甲状腺機能異常(亢進症;バセドウ病、低下症;橋本病)、低身長、肥満、糖尿病などの代謝性疾患を拝見させていただきます。
  •   膠原病・リウマチ・免疫:若年性特発性関節炎、SLEなどの小児自己免疫疾患、繰り返す発熱、慢性疲労症候群の患者さんを拝見させていただきます。
  •   腎・尿路:慢性、急性腎炎、ネフローゼ、学校集団検尿で発見された尿異常をもたれる患者さん、繰り返して尿路感染症をおこす患者さんを拝見させていただきます。
  •   呼吸器:繰り返す咳、肺炎、睡眠時無呼吸などの患者さんを拝見させていただきます。
  •   心理:長期入院の患者さんとそのご家族、事件・事故・災害などに遭われたお子さんとそのご家族、不登校のお子さんとそのご家族の心理相談を行っています。
  •   予防接種:慢性の病気、アレルギーのためになかなか予防接種ができない患者さんを対象に行っております。また早産低出生体重児・先天性心疾患患児に対するRSウイルス感染予防のために予防接種も行っております。


休日ならびに夜間時間外診療:平成26年5月19日より小児科1次救急外来を再開致しました。受診をご希望される際は、事前にご連絡ください。尚、小児科当直医は院内に1人しかおりません。その為、入院患者や重症救急患者の対応のため、お待たせしてしまうことがございます。また来院後も、救急外来にてトリアージ(患者の重症度判定)にて診察の順番が前後することがございます。大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

 これまで通り、印旛市郡小児初期急病診療所成田市急病診療所こども急病電話相談 もご利用いただけますので、ご活用お願いいたします。

 

 

お問い合わせ先
pedhokuso@nms.ac.jp
 

  • 初期臨床研修医募集
  • 広報サイト 意気健康
  • Webマガジン がん特集
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ