リハビリテーションセンター

理学療法部門

寝返り、起き上がり、歩行など、日常生活に必要な動作の習得・再学習を中心に運動療法を行います。障害をおった方々のニーズにあわせ担当の療法士が治療、指導を行っています。

 

 

 

 

 

作業療法部門

病気や事故のため障害を負った方々に実際の生活に必要な諸機能の維持改善をはかるために、作業活動を通じて治療・訓練を行なっています。残存機能を最大限に活用し、身辺処理や家事活動、仕事復帰に向けて、その方にあった適切な方法および介助方法を訓練・指導しています。

 

言語療法部門

失語症や構音障害などによって、コミュニケーションに支障をきたしている方の訓練や、ご家族への指導を行います。 「話す」だけにこだわらず、「聞く」「読む」「書く」など、その方にとってどの方法が最もコミュニケーションがとりやすいのかを考え、よりよいコミュニケーションの獲得を目指します。さらに、パソコンによる言語訓練も行っています。麻痺のある方でも操作しやすい大きなキーボードもご用意してあります。また、お食事をするのに、むせたり、飲み込みづらかったりする嚥下障害の方の訓練や、お食事内容のアドバイスなども行っています。

臨床心理部門

脳の損傷による高次脳機能障害(認知、記憶、理解、判断などの障害)有無について、心理検査や面接による評価を行います。症状が認められる場合には、認知 リハビリテーションを行います。また社会復帰に向けて、適応がスムーズにできるようにカウンセリングも行っています。

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ