外科・消化器外科

 

外科(消化器・一般)
部長

宮下 正夫

 外科では、これまで消化器外科、乳腺外科、一般外科(ヘルニア、緊急手術など)を担当していましたが、乳腺科が診療科として独立致しました。今後は、乳腺の疾患で受信される場合は乳腺科を受診して頂くことになります。外科は外科、消化器外科という名称になりましたが、乳腺疾患以外はこれまでどおりで、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓などの各消化器疾患と一般外科を扱います。専門性の高いがん治療はもちろんのこと胆石などの良性疾患も広く対象にしています。一般外科では虫垂炎、腸閉塞、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニアなど様々な外科的疾患を扱っています。また、一般外科では鼠径(そけい)ヘルニアや虫垂炎、腸閉塞などの急性疾患などを扱っています。

 このたび、外科外来を初めて受診される患者さんに対し時間をかけて診察、説明ができるように初診専門外来を毎日設けました。教授から助教スタッフまで臨床経験の豊かな医師がどの病気でも対応いたします。さらに、通院にて抗がん剤治療をお受けになる患者さん用に化学療法外来を設け、よりきめこまやかな外来診療ができるように致しました。
 当外科の特色は、各領域に専門医を配置し、質の高い外科治療を提供することです。難易度の高い手術に対応できる技量を備えているだけでなく、体に負担の少ない内視鏡的治療、とくに腹腔鏡を用いた小さな傷のいわゆる「低侵襲手術」を積極的に取り入れています。胆石症はもとより大腸がんなどの大半が腹腔鏡を用いた手術で行われます。

 もうひとつの特色は、高齢者または糖尿病、心疾患、呼吸器疾患、脳血管障害などを様々な併存疾患をもつ患者さんに対しても、総合病院の利点を生かして各診療科が協力し合い、医療を行えることです。手術のみならず抗がん剤治療、緩和治療、いずれの領域でも、最善の医療を提供できる体制を整え、患者さんとよく話し合って最善の治療を提供しています。           

詳しくは外科・消化器外科私設ホームページをご覧ください

上部消化管(食道、胃十二指腸)

 食道では食道癌を中心に治療を行っています。食道癌の治療法は進行度に応じてさまざまで、手術の他に内視鏡的切除、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。また、最近急増している逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなどの手術には腹腔鏡を用いた低侵襲手術で行っています。

 胃十二指腸疾患では胃癌のほか粘膜下腫瘍(GIST)腫瘍に対する治療のみならず、胃十二指腸潰瘍などの良性疾患も扱っています。とくに胃癌の治療においては進行度に応じて標準的な開腹手術はもちろん、腹腔鏡下胃切除術も積極的に導入しております。また、早期胃癌症例には内視鏡的胃粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)も行っています。患者さんの身体と病気の状態を正確に把握し、治療をオーダーメイドで行うことで、より負担の少ない治療を心がけております。  

 

下部消化管(結腸、直腸)

 下部消化管領域では、結腸がん、直腸がんなどの大腸がん治療を中心に行っています。大腸がんの手術は、例外を除いて腹腔鏡を用いた小さな傷の低侵襲手術です。直腸がんは、とくに排尿機能、性機能温存のため自律神経温存手術に努め、肛門近くのがんに対しても、できるだけ人工肛門を回避した手術を取り入れています。進行直腸がんに対しては、治癒率を高め局所の再発を減らす目的で手術の前に化学放射線治療を行っています。まんがいち、手術後に再発した場合や再発の予防には抗がん剤治療が行われますが、肝臓などの転移に対しては手術による摘出も行われます。また、悪性疾患だけでなく大腸憩室炎などの良性疾患も扱っています。

 

肝臓、胆嚢、膵臓

 肝臓癌、胆道癌、胆嚢癌、膵臓癌など癌治療のほか、胆石症、総胆管結石症、急性膵炎などの良性疾患も対象となります。診断、治療ともに最も難しい領域のひとつであり、とくに専門的な知識と豊富な経験が求められます。肝、胆、膵領域の専門医が高度な外科的治療を担当します。手術のほかに、黄疸に対する胆道ステント留置などの内視鏡的治療も行っています。  

  

ソケイ(鼠径)ヘルニア

 ヘルニアとは、脱腸と呼ばれ、脚のつけ根(ソケイ部など)が膨らんでくる病気です。原則的には人工の膜(メッシュ)を使った手術が必要となります。手術方法には,従来から行われている『前方到達法』と『腹腔鏡法』の2つがあり,後者は皮膚に1cm弱の小さい傷を3個程度開けることで手術を行います。当科では,ヘルニアで手術を受けられる患者さんの約半数に対してこの『腹腔鏡法』を行っています。  

 

急性虫垂炎

 右下腹が痛くなる典型的な急性疾患のひとつです。軽度の虫垂炎は抗生物質などで治癒しますが、重症の場合は手術で虫垂を取り除きます。当科では傷が小さい腹腔鏡手術を行っています。   

 

腸閉塞

 食べ物や消化液の流れが腸で滞った状態、すなわち内容物が腸に詰まった状態が腸閉塞で,嘔吐・腹痛・お腹が張る、ガスが出なくなるなどが主な症状です。原因には癒着や癌などがあります。早期に手術を行わないと命に関わる場合もありますので、上記の症状がある患者さんは早めに受診することをお勧めします。  

 

化学療法(抗がん剤治療)

 抗がん剤を用いた化学療法の多くは家庭生活をおくりながら通院で安全に行えるようになりました。これに合わせ、外科外来では各種の癌に対して化学療法専門外来を毎日開設いたしました。化学療法を行う輸液療法室には医師、専任看護師(がん化学療法認定看護師を含む)、薬剤師(がん薬物療法認定薬剤師を含む)が勤務しています。平成25年3月にリニューアルされ、DVD、TV付きリクライニングベッドが17台に増床されました。化学療法の内容(レジメン)は院内の委員会にてすべて承認・登録され、電子カルテシステムにて抗がん剤の投与量や投与法に間違いが起きないようになっています。患者さんは年々増加し,平成24年度は,月平均285名,年間3500名の患者さんが治療を受けられました。今後もさらに安全で効果的な質の高い化学治療を提供いたします。  

 

所在地・ご連絡先

〒270-1694
千葉県印西市鎌苅1715
電話:0476-99-1111(代表)
医療連携支援センター
0476-99-1810(ダイヤルイン)
地図と交通
  • 臨床研修医募集
  • 外国人患者受入れ拠点病院
  • 千葉県がん診療連携拠点病院
  • ドクターヘリ
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ